制御盤を利用したプラント管理のメリット 現代の工場などのプラント管理はコントロールセンタで行われることも多くなっていますが、コントロールセンタの機能はプラントごとのコンピューター制御が中心となるため、コンピューターによる制御ができない旧型のプラントの制御や新旧プラントの連携については対応できない面が少なくありません。さらにコンピューターに関する知識がないと確実にコントロールパネルを運用することができないため、異常発生時に宿直対応者等が緊急避難的な対処を行う際には、非常に難しい操作を必要とすることが多く、効果的な対処ができない危険性もあります。制御盤は従来からこれらのプラント管理において重要な役割を果たしてきました。電源供給や内部の状態を検知する計測器類を設置した非常にシンプルな構造となっていますが、緊急避難に対する対応方法が非常に簡単で、かつ1つの操作ですべてのプランと同時に停止できるといった機能も備えており、操作性に優れていると言う特徴があります。そのため、コントロールセンタが普及した現代でも制御盤を利用してプラント管理を行っている会社は少なくありません。制御盤はコントロールパネルに比べてきめ細かい制御ができないため、異常が発生した際にはその後のプラントの破損等はいとわずに緊急的に停止させると言うことに主眼が置かれています。また、詳細なプラントの状態については測定する機能を持たないのですが、簡単に状態を知るためにシンプルなメーター類を備え、これらの数値を見て運用者がその状態を推測し判断すると言う仕組みになっているのが特徴です、そのため熟練した管理者は必要最小限の情報で次の操作を判断することができ、以上に作業がシンプルになるという特徴を持っています。 制御盤 2017/10/21

現代の工場などのプラント管理はコントロールセンタで行われることも多くなっていますが、コントロールセンタの機能は … 続きを読む 制御盤を利用したプラント管理のメリット 現代の工場などのプラント管理はコントロールセンタで行われることも多くなっていますが、コントロールセンタの機能はプラントごとのコンピューター制御が中心となるため、コンピューターによる制御ができない旧型のプラントの制御や新旧プラントの連携については対応できない面が少なくありません。さらにコンピューターに関する知識がないと確実にコントロールパネルを運用することができないため、異常発生時に宿直対応者等が緊急避難的な対処を行う際には、非常に難しい操作を必要とすることが多く、効果的な対処ができない危険性もあります。制御盤は従来からこれらのプラント管理において重要な役割を果たしてきました。電源供給や内部の状態を検知する計測器類を設置した非常にシンプルな構造となっていますが、緊急避難に対する対応方法が非常に簡単で、かつ1つの操作ですべてのプランと同時に停止できるといった機能も備えており、操作性に優れていると言う特徴があります。そのため、コントロールセンタが普及した現代でも制御盤を利用してプラント管理を行っている会社は少なくありません。制御盤はコントロールパネルに比べてきめ細かい制御ができないため、異常が発生した際にはその後のプラントの破損等はいとわずに緊急的に停止させると言うことに主眼が置かれています。また、詳細なプラントの状態については測定する機能を持たないのですが、簡単に状態を知るためにシンプルなメーター類を備え、これらの数値を見て運用者がその状態を推測し判断すると言う仕組みになっているのが特徴です、そのため熟練した管理者は必要最小限の情報で次の操作を判断することができ、以上に作業がシンプルになるという特徴を持っています。 制御盤 2017/10/21