制御盤の役割とIoTへの対応

電気制御は製造業での組立ライン、食品業での仕分装置、農業での選別機械など様々な分野で応用されています。制御盤は電気制御に必要となる電源機器、分配器、ブレーカ、コントローラなどを内蔵した箱を指します。

前面にメーターやスイッチを取り付けて装置や生産ラインを操作・監視する機能を有する盤もあります。入力としてセンサやスイッチなど入力機器からの信号、出力としてモーターやヒーターなど出力機器への信号があり、制御盤は入力信号を処理し出力信号に変換し装置を制御する役割を担います。

その他の機能として交流/直流変換による直流電源の機器への供給、製造データをパネルに表示し稼働状況を表示することなどがあげられます。構造はステンレスまたはプラスチック製外箱内の中板に電源やコントローラなどの機器がビス止めされ、機器間は交流、直流で分けて配線されます。

主な線材は交流ラインには線種KIVで太さ0.75SQを直流ラインには線種KVで太さ0.5SQを使用します。外部のセンサやモーターなどの入出力機器とは端子台を介して配線されます。

省力化、小型化への対応としてビス止めせずに配線できる端子台やリモートI/Oを使ったリンク通信による入出力があります。今後M2Mを実現するために温度、湿度などの環境データや稼働状況、自己診断などの状況データを送信し、管理システムによる遠隔制御を受ける機能が装置に付加されます。

また無線ネットワーク環境で装置間のデータ交換を行い、交換されたデータを基に入出力機器を制御する機能も必要となります。これらを解決するために入出力データを制御する制御盤のスマート化は必須と言えます。

家庭で見ることができる一例として太陽光発電のパワーコンディショナーがありますが、今後IoTの発達により、窓やドアの開閉など電気制御が必要な機器とのインターフェイスとして制御盤が設置されることが予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です