全ての機能の設定を管理出来るコントロールセンター

近年のオペレーティングシステムは非常に高機能で多彩ですので、コントロールセンターという機能が備わっています。
このコントロールセンターでは、パソコンの場合は輝度調整やキーボードの設定、ディスプレイの調整などが行えます。

スマートフォンやタブレットの場合は、上部からスワイプする事でアクセスする事ができ、Wi-FiやBluetoothのオンオフ、機内モードのオンオフ、テザリングのオンオフなどが行えます。

コントロールセンターを使いこなす事で、オペレーティングシステムをユーザーが使っている端末のスペックに合わせて各種機能を最適化させていく事が可能です。スマートフォンやタブレットやノートパソコンは、バッテリー駆動の為、省電力機能が強力に働いた方が持ち運び時のバッテリー消費を最低限にする事が出来ますので利便性が高まります。

省電力化させるには、ディスプレイの輝度調整や自動的に一定の時間端末を操作していない状態でディスプレイや端末がオフにするといった事を行わなければいけません。コントロールセンターは省電力化が行える項目にアクセスする事が出来ますので、ユーザーは手軽に設定の変更が出来ます。

オペレーティングシステムは、設定次第でパソコンでもモバイル端末でも使い勝手が変わってきます。コントロールセンターを活用する事で、ユーザーの好みに合わせてオペレーティングシステムをある程度好きなようにアレンジする事が出来たり、使いたい機能を直ぐに使えたり出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です