コントロールセンタのメリットとは何か

コントロールセンタは近年様々なプラントなどで導入されているプラントの総合制御設備です。従来は制御盤がプラントの制御設備としてよく利用されていましたが、きめ細かい制御を必要とするシステムが増えたことや、制御における利便性を高めることが重要視されてきたことにより、近年では制御盤にかわりコントロールセンタを導入する工場が増えています。

コントロールセンタの従来の制御盤との大きな違いは、制御方法に様々な先端技術を導入していることです。従来の制御盤の基本は数十年前に設計された配電盤の流れを汲むもので、電源に関する制御を行うことが主流でした。

すなわち、各ブランドの電源を入れたり、切ったりするほか供給される電力を確認し過剰に電流が流れていないか、また適正の電力が供給されているかどうかをチェックするために用いることが多かったものです。

しかし最近では工場のプラントもコンピューターによる制御が行われていることが多くなり、たくさんの制御データが出力されるようになっています。そのためこれらのデータをパネルに表示し、必要に応じてシステムに対して様々な指令を送るための機能が制御盤に必要になりました。

そのため、このきめ細かい制御が行えるようにコンピュータを搭載したり、外部からブランドを捜索する機能を備えたのがコントロールセンタです。しかしその反面、異常が発生した時などに安全に迅速にシステムを停止させる機能も従来の制御盤から引き継いでいます。

複雑な機能を簡単に制御できる操作性が重視されることから、操作パネルを多重構造にし、操作を行う人のレベルや状況の緊急性によって使い分けることができるのもコントロールセンターの大きな特徴となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です