制御盤を改造して操作性を向上しよう

工場において制御盤は多くのブラントを集中制御する上で非常に便利なものですが、既存のものではその機能に不足がある場合も少なくありません。

プラントによっては制御の方法が異なる場合もあり、単純に電源を切断しただけでは大きなトラブルを生んでしまうものもあるため、場合によっては制御の方法を変更する必要がある場合もあります。

そのため効率よく制御行うためには、制御盤の改造が必要になる場合もあります。制御盤は基本的には簡単な電子回路で構成されている場合が多いため、比較的改造が簡単にできるのが大きな特徴です。専用の制御ユニットを組み込むだけで、全体との連携がスムーズにできるケースも多く、またプラントを安全に停止できるようになるため、必要に応じてしっかりと行っておくことが重要です。

さらに大切な機能として、非常時の緊急停止機能があります。これはプラントに不具合が発生した場合に緊急停止させるものですが、この機能はシステムを理解していない人であっても安全に停止できるよう、操作を非常にシンプルにしておく必要があります。この機能についても操作が複雑と感じた場合には改造を施し、単純な操作で安全に停止できるような機能を組み込んでおくことが重要です。

制御盤はグランドの状態を知るために様々な機能を持たせることが良いと考えている人が多いのですが、近年のプラントはコンピューター制御が多いため、このようなデータは直接制御システムに接続されていることが多いのです。

そのため制御盤は基本的な動作の制御を中心に行うように設計しておくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *