設置環境による制御盤の役割

制御盤とは接続されている各種機器に電源を供給したり、自動でコントロールできる装置を単独、または統合して格納するケースまたはボックスのことをいいます。

屋外や工場内など過酷な現場に設置されることが多いため、耐久性の高い鋼鉄やステンレス、強化プラスティックなどの素材を用いた筐体が扱われます。自動化の進んだ工場では制御盤を使うことにより、様々な作用をオートメーション化して作業環境の改善、人件費の軽減などを行っています。

制御盤の中には電源装置のブレーカーやシーケンスと呼ばれる統合制御装置が入っており、工場内ではベルトコンベアーやクレーンやリフトなどの操作などが自動で行われます。ビルやマンションなどでは、空調や照明にエレベーターやエスカレーターなどに使われ、非常用の照明や電源設備などにも使われています。人の動きに対して機器の動作を制御する機能や、屋内の異常などを感知して警報を出すなど、防災設備や器具にも広く使われいます。

近年ではITの普及に伴い、コピー機などの事務機器をはじめ、工場内の各種機械にもインターネット接続が施され、リアルタイムな機器の情報が直接メーカーに送信されるような制御も行われています。これにより異常やトラブルを瞬時に解析し、対処できるようになり、メンテナンス状況も容易に把握できるようになります。

電源供給やオートメーション機能も含め、近年ではITと連携した制御機能を有するものも増えて、作業工程の広がりや機械装置の発展などに伴い、制御盤を取り巻く環境も進展を見せています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *