制御盤は制御装置が入っているボックスの事です

制御盤はビルの空調や照明、ポンプ、エレベーターを自動で動かしている装置です。人間がその都度スイッチを入れていたのでは大変な労力がかかります。そればかりでなくその場を離れることができなくなります。

人件費を抑えて生産性をアップする為には不可欠な装置です。特にオートメーション化がすすめられてする工場などで利用されています。また制御盤の中には電気を流す為ブレーカをはじめ機械を自動でコントロールする為に、必要な様々な制御装置が入っています。工場や野外で使われることが多い為頑丈な鋼鉄やステンレスが用いられています。

制御盤の中にはそれを動かしている「シーケンサー(PLC)]と言う制御装置が入っています。様々な機械の指令を出しており制御盤の頭脳の役割をしています。代表的なものが信号機でプログラミングにより青・黄・赤の順番に点灯させたり、点灯の時間を決めたりしています。

自動販売機もシーケンサーのプログラミングにより動かしている機器の一つで、入金の情報とジュースの選択を的確に判断しています。制御盤を扱う業者の中には依頼者と打ち合わせを行い設計から板金塗装製作、そして工事まで行います。

その後長く使ってもらう為にメンテナンスも行っている業者があります。最も大切な制御装置のシーケンサーのプログラミングは、各工場の生産ラインに留まらず、一般家庭でも自動化や省力化の為に不可欠な存在になっている制御装置を、予め定められた条件に従ってコンピューターを動かすために制御の組み合わせを行い依頼者のニーズに応えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *