現代社会に合った基板実装を考える

現代社会では、インターネットやインフラネット、無線LANや有線LANなど様々なネットワークでコンピューターやサーバを接続しています。

その為、オンラインサービスやSNSが充実してきており、多くのネットユーザーがこれらのサービスを毎日何らかの形で使っています。

企業では、より新しいサービスを提供したり、工場などにおける業務の効率化を図ろうと考えられており、物にコンピューターとネットワークを組み込むIoTが注目されています。

このIoTを実現するには、基板実装が必要になってきます。実装される基板としては、マイコンボードやシングルボードコンピューターなどがあります。特定の処理を集中的に行うのであれば、多機能なシングルボードコンピューターでなくても、消費電力が低くて、特定の処理に強いLSIを搭載した基板をインターネットに接続したい物に組み込めば良いでしょう。

企業がIoT時代の基板実装を行いたい場合、カスタム化された基板をLSI製作会社に依頼する事も可能です。その場合、コストを重視するのか、性能を重視するのかによって、依頼するべき企業は変わってきます。

基板実装を行った物や機械は、無線LAN機能を搭載したり、通信モジュールを搭載したりする事で、インターネットへの接続が出来るようになり、ネットワーク越しに色々なデータのやり取りが出来たり、操作が出来たりといった事が行なえ、従来では出来なかった事を実施する事が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *