基板実装に関する基礎知識

基板実装とは、プリント基板(正式名称は「プリント配線板」)に電子部品などを装着する工程を指します。

電気製品には多かれ少なかれ、プリント基板が用いられています。プリント基板とは、ガラスエポキシ樹脂などの絶縁体の両面に銅箔をはり、それをエッチング技術を用いて電子回路を整形したものです。

ただし板の両面に回路が張り巡らされただけの構造ですので、これだけでは電気製品を作動させる事はできません。そこでIC・抵抗・コンデンサなどの各種電子部品をプリント基板に装着します。

この装着工程を基板実装と呼びます。電気製品のメーカーは普通、プリント基板メーカーまたはその上流に位置する設計会社に、目的とする機能を持たせたプリント基板を発注します。設計会社は電気製品メーカーの要望する回路をプリント基板用に設計します。

プリント基板メーカーは、その設計データをもとにプリント基板を製作、そして基板実装メーカーに納品します。基板実装メーカーでは、回路が高密度かつ量産であればあるほど基本的にマウンターと呼ばれるNC工作機械を用いてプリント基板上に電子部品を取りつけていきます。

ただしほとんどのケースではマウンターでの実装工程の後に手作業で部品やケーブルを追加実装していきます。実装後は検査を経て、電気製品メーカーに納入されます。電気製品メーカーではこのようにして基板実装されたものを、電気製品の内部に取りつけることによって、残りの電気回路を完成させていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *