制御盤は制御装置が入っているボックスの事です

制御盤はビルの空調や照明、ポンプ、エレベーターを自動で動かしている装置です。人間がその都度スイッチを入れていたのでは大変な労力がかかります。そればかりでなくその場を離れることができなくなります。

人件費を抑えて生産性をアップする為には不可欠な装置です。特にオートメーション化がすすめられてする工場などで利用されています。また制御盤の中には電気を流す為ブレーカをはじめ機械を自動でコントロールする為に、必要な様々な制御装置が入っています。工場や野外で使われることが多い為頑丈な鋼鉄やステンレスが用いられています。

制御盤の中にはそれを動かしている「シーケンサー(PLC)]と言う制御装置が入っています。様々な機械の指令を出しており制御盤の頭脳の役割をしています。代表的なものが信号機でプログラミングにより青・黄・赤の順番に点灯させたり、点灯の時間を決めたりしています。

自動販売機もシーケンサーのプログラミングにより動かしている機器の一つで、入金の情報とジュースの選択を的確に判断しています。制御盤を扱う業者の中には依頼者と打ち合わせを行い設計から板金塗装製作、そして工事まで行います。

その後長く使ってもらう為にメンテナンスも行っている業者があります。最も大切な制御装置のシーケンサーのプログラミングは、各工場の生産ラインに留まらず、一般家庭でも自動化や省力化の為に不可欠な存在になっている制御装置を、予め定められた条件に従ってコンピューターを動かすために制御の組み合わせを行い依頼者のニーズに応えています。

制御盤を利用したプラント管理のメリット

現代の工場などのプラント管理はコントロールセンタで行われることも多くなっていますが、コントロールセンタの機能はプラントごとのコンピューター制御が中心となるため、コンピューターによる制御ができない旧型のプラントの制御や新旧プラントの連携については対応できない面が少なくありません。 Continue reading 制御盤を利用したプラント管理のメリット

設置環境による制御盤の役割

制御盤とは接続されている各種機器に電源を供給したり、自動でコントロールできる装置を単独、または統合して格納するケースまたはボックスのことをいいます。

屋外や工場内など過酷な現場に設置されることが多いため、耐久性の高い鋼鉄やステンレス、強化プラスティックなどの素材を用いた筐体が扱われます。自動化の進んだ工場では制御盤を使うことにより、様々な作用をオートメーション化して作業環境の改善、人件費の軽減などを行っています。

制御盤の中には電源装置のブレーカーやシーケンスと呼ばれる統合制御装置が入っており、工場内ではベルトコンベアーやクレーンやリフトなどの操作などが自動で行われます。ビルやマンションなどでは、空調や照明にエレベーターやエスカレーターなどに使われ、非常用の照明や電源設備などにも使われています。人の動きに対して機器の動作を制御する機能や、屋内の異常などを感知して警報を出すなど、防災設備や器具にも広く使われいます。

近年ではITの普及に伴い、コピー機などの事務機器をはじめ、工場内の各種機械にもインターネット接続が施され、リアルタイムな機器の情報が直接メーカーに送信されるような制御も行われています。これにより異常やトラブルを瞬時に解析し、対処できるようになり、メンテナンス状況も容易に把握できるようになります。

電源供給やオートメーション機能も含め、近年ではITと連携した制御機能を有するものも増えて、作業工程の広がりや機械装置の発展などに伴い、制御盤を取り巻く環境も進展を見せています。

制御盤を改造して操作性を向上しよう

工場において制御盤は多くのブラントを集中制御する上で非常に便利なものですが、既存のものではその機能に不足がある場合も少なくありません。

プラントによっては制御の方法が異なる場合もあり、単純に電源を切断しただけでは大きなトラブルを生んでしまうものもあるため、場合によっては制御の方法を変更する必要がある場合もあります。

そのため効率よく制御行うためには、制御盤の改造が必要になる場合もあります。制御盤は基本的には簡単な電子回路で構成されている場合が多いため、比較的改造が簡単にできるのが大きな特徴です。専用の制御ユニットを組み込むだけで、全体との連携がスムーズにできるケースも多く、またプラントを安全に停止できるようになるため、必要に応じてしっかりと行っておくことが重要です。

さらに大切な機能として、非常時の緊急停止機能があります。これはプラントに不具合が発生した場合に緊急停止させるものですが、この機能はシステムを理解していない人であっても安全に停止できるよう、操作を非常にシンプルにしておく必要があります。この機能についても操作が複雑と感じた場合には改造を施し、単純な操作で安全に停止できるような機能を組み込んでおくことが重要です。

制御盤はグランドの状態を知るために様々な機能を持たせることが良いと考えている人が多いのですが、近年のプラントはコンピューター制御が多いため、このようなデータは直接制御システムに接続されていることが多いのです。

そのため制御盤は基本的な動作の制御を中心に行うように設計しておくことが重要です。